ルテインは「食べるメガネ」!?がけっぷち主婦の驚くべき視力回復の秘密。

0
654 ビュー

私の名前は鈴木ひとみ52歳、主婦であり2人の子の母でもあります。

今日は私の個人的な話をさせてください。

去年の9月のある日のこと、私は泣き崩れそうになってしまいました。

もうダメ、我慢できない、気が狂いそう・・・。

その日の朝は違っていました。目が覚めると何か目の前を蚊が飛ぶような感じがあって、視界がいつも違っていることに気がつきました。

そこで、すぐに大学病院の眼科に行きました。私の知り合いに白内障、黄斑変性症を患っている人がいて「あなたもそうかも」と言われたので、不安になって専門の先生に診てもらおうと思ってのことでした。

悪い予感は的中、、、。

診断結果は黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)。かなりの初期段階ということでしたが、先生からは現段階での「薬はない」「治療法はない」と言われ、「60歳近くで失明に近い状態になる」と宣告されてしまったのです。

信じられない、専門のお医者さんにこんなこと言われてしまったら、私はどうすればいいの・・・。

こんなことを聞いてもあなたにとっては関係ないことかもしれませんが、私にとっては一大事です。

なぜかって、ちょうど子ども2人が結婚をして家を出てやっと肩の荷もおりて「さあ、これから自分の好きなことをしよう!」と張り切っていた矢先でしたので、もう大ショックです、、、。それはそれは、ものすごく落ち込みました。

 

レーザー治療を2回試しました。

しばらくすると症状が悪化してきたので、再度先生と相談して1ヶ月ほど通い、レーザー治療を2回も試しましたが、目の前を蚊が飛ぶような症状は消えませんでした。

薬も試しました。

血漿の流れをよくする薬とビタミンEを処方してもらいましたが、症状は消えませんでした。

ブルーベリーも試しました。

よくテレビCMで「ブルーベリーは目にいい」ということを見ていたので、ブルーベリーの健康食品も試してみましたが、症状は消えませんでした。

後から調べて知ったことなのですが「ブルーベリーが目にいい」ということが広まったのは、ある企業のこんな販売戦略が関係していたそうです。

簡単にそのことを紹介しますね。

今から30年以上前、日本の某社からブルーベリージャムが発売されました。当時ジャムと言えばマーマレードかイチゴジャムが主流でしたので、なかなか販売実績が伸びなかったといいます。

そこで、ヨ—ロッパのこんなスト—リ—をつけて販売することにしたのです。

そのストーリーとは、第2次世界大戦中、戦闘機のパィロットは夜間飛行の際は見えづらくとても苦労していました。ところが、大好きなブル—ベリ—ジャムをたっぷり塗ったパンを食べているパイロットは、なぜか夜明け前の薄暗がりでも敵機が良く見え、撃墜できる。という話です。

そのうちテレビ、新聞でも何回も取り上げられることによって、日本では「目にはブルーベリーがいい」というのが当たり前のように知れ渡ったのです。

このあと各社がブルーベリーサプリメントを大々的に売り出しました。そのストーリーととともに。そして、私もずーっとそれを信じていました。

<参考情報>

色々なものを頑張って試しました。でも、だめでした。ほかに何をしたらいいのかもうわかりません。完全にギブアップです。

でも誤解しないでください。私はこれを悲しい物語にしたくて書いているのではありません。あなたに、かわいそうだと思ってもらいたくて書いているのでもありません。そんな必要は全くないのです。

なぜなら、私の話はハッピーエンドで終わるからです。私の話がハッピーエンドで終わるのは偶然、一生懸命になってインターネットを検索していた時に、私の人生を全く変えるような発見をしたからです。

夢にも思わなかった視力の改善方法を見つけたのです。とうとう私は答えを見つけたのです。

それは何か?

それは、「食べるメガネ」です。

 

「食べるメガネ」とは?

「食べるメガネ」と聞いて、あなたは驚いたかもしれません。

でも、私が見つけた方法を分かりやすく何かに例えると「食べるメガネ」という言葉がピッタリなのです(もちろん、現実にはそんなものは存在しません)

ではなぜ、私の視力回復の秘密が素晴らしいのか、お話ししましょう。

私が発見した秘密のキーワードは「ルテイン」です。

私は、この「ルテイン」が含まれるサプリメントを定期的に食べるようになってから、毎日のように悩まされていた不快な症状はみるみる改善し、まるで視界がクリアになる高性能のメガネを食べているような感覚になっていたのです。

だから、私が見つけた秘密の方法「ルテイン」に敬意を表して「食べるメガネ」と名付けたのです。

 

眼科の医師も勧める「ルテイン」のパワーとは?

あなたは「目にいいサプリメント」と聞いて、何を思い浮かべますか?

おそらく、日本人の90%以上もの人が「ブルーベリー」と答えると思います。でも、欧米で同じ質問をすると答えは「ルテイン」なのです。

ルテインとは?

ルテインは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、食物では主にブロッコリーやほうれん草、人参などの緑黄色野菜に多く含まれる成分で、ヒトの血液、母乳、臓器や組織にも蓄積していきます。特に眼底の網膜の中心部・黄斑部(おうはんぶ)に多く存在する色素です。

黄斑部とは?

そして、黄斑部とは、物の「色」や「形」「立体感」「明るさ」の全てを感じ取り、映し出す機能がある、人間の視力を司る最も重要なところなのです。

黄斑部(おうはんぶ)の中央部分には、ゼアキサンチンが多く、その周辺にルテインがあります。

ルテインが加齢黄斑変性などの眼病を改善、予防する

この黄斑部(おうはんぶ)は活性酸素の障害を受けやすく、これが加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)を引き起こすのです。

活性酸素とは細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となるものです。そのため、人間には、この活性酸素の害を防御する抗酸化作用が備わっています。

そして、このルテインとゼアキサンチンこそが、黄斑部(おうはんぶ)にある活性酸素の消去剤として働いて、黄斑部(おうはんぶ)を障害から守る作用を持っているのです。

ルテインは生体内では合成されない

でも、このルテインとゼアキサンチンは残念ながら人間の生体内で合成されないため、ブロッコリーやほうれん草、人参などの緑黄色野菜から摂取する必要があるのです。

また、そんな大切なルテインは40歳を過ぎると自分では作れなくなり、どんどん不足してしまうというから大変です。

そして、このルテインの不足が、ショボショボ、ボンヤリ、チラチラなどの多くの不快な目の不調につながっていってしまうのです。

ルテインは一般的にどれくらい不足しているのか?

では、ルテインは1日にどれくらいの量が必要なのでしょうか?

一般的にルテインは1日に6〜10mg必要だと言われています。

それに対して、アメリカの研究では食事(ほうれん草やブロッコリーなど)から摂取しているルテインの1日の平均量は1mgだけと言われています(必要量の1/6〜1/10ですね)

でも、驚くことに、日本はさらに少ない0.35mgと言われています。

これでは、ほぼ補給できていないに等しい量です。

つまり、1日に6mg以上のルテインを消費しているのに、私たちが実際に補給できているルテインの量は1mg未満だということになります。

貯金に例えたら、収入よりも支出の方が多くなっていて、スッカラカンに向かって進んでいる状態のようなものです。

この状態が続くと一体、どうなってしまうのでしょうか?

慢性的に目の栄養不足状態が続くことになるので、目の老化が早まってしまいます。

また、私たちの仕事や生活になくてはならないパソコンやスマホから出るブルーライトなど、目を酷使する生活環境がそれに追い打ちをかけていって、白内障や緑内障、加齢黄斑変性、飛蚊症などの様々な眼病のリスクの温床となってしまうのです。

目の老化は自覚症状がないので、知らぬ間にどんどん進行していると思うと恐ろしいですよね?(まさに私がこの状態でした)

<参考情報>

 

では、どうやってルテインを補給すればいいのか?

では、どうすれば1日に必要なルテインを補給することができるのでしょうか?

アメリカでは1日に必要なルテインを食事だけから摂るには、サラダボウル5杯分の野菜が必要だと言われています。

サラダボウル5杯分ですよ!

現実的に考えて、1日にサラダボウル5杯分の野菜を食べるのは無理ですよね?

では、どうすればいいのでしょうか?

眼科の医師も勧めているように、サプリメントを利用することが解決方法になります。

 

ルテインは医師も勧めるサプリメント

日本を代表する眼科医として有名な深作秀春先生はご自身の著書「やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし」の中で、こんなふうに言っています。

加齢黄斑変性への予防的効果として、サプリメントには可能性があると私は思っています。網膜にあるカロテノイドの一種であるルテインとゼアキサンチンは、重要な予防効果があり可能性があります。

それから、葉山眼科クリニック(東大宮市)の葉山隆一(はやま・りゅういち)先生は著書『医者がお手上げだった目の病気の次世代栄養素―ルテインとゼアキサンチン-メタモル出版 (2009/04)』の冒頭でこのように述べています(少し長いですが、重要な部分なので、そのまま引用したいと思います)

新しい目の栄養素として最近、ルテインの評価が高まっています。ルテインとは、カロテノイドと呼ばれる色素の一種です。ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれ、強力な抗酸化作用をもつことがわかっています。

さらにルテインに並存していたゼアキサンチンが、最近分離抽出できるようになりましたので、この栄養素についても詳しく解説します。

これらの栄養素の神業というべきパワーが、人間本来がもつ自然治癒力と相まって、一部の眼病に対して、驚くべき効果を発揮するのです。さらに継続的に適正量を摂取すれば、眼病に対して予防的効果もあります。

私は、治療にこのルテインを使うことによって、多くの患者さんの眼病を改善し、ますますその効果に自信を深めています。とくに、失明の恐れもある黄斑変性症は、現代医学では治らないとされている疾病です。しかし、私は、決して患者さんに「治らないから、あきらめなさい」とはいいません。なぜなら、総合的な治療を施し、ルテインを使うことで、目は確実に快方に向かうからです。

ただ、もっと大事なことは予防です。黄斑変性症、白内障、緑内障、その他の視力障害に陥らないように、日頃から心がけることです。また、見過ごしがちな病気の兆候をいち早く察知し、適切な対応をとることです。

出典:『医者がお手上げだった目の病気の次世代栄養素―ルテインとゼアキサンチン-葉山隆一著-メタモル出版 (2009/04)』

私はこの葉山先生のメッセージに心が救われて、不快な目の症状の改善に「ルテイン」を取り入れることを決心したのです。

 

「ルテイン」によって得られる可能性のある変化・結果のまとめ

なぜ、ルテインが「目にいい」と言われているかということをまとめます。今、ルテインには以下のパワーが秘められていることが科学的にも臨床的にも実証されてきています。

  • 外界の光による酸化ダメージから眼を守ってくれる
  • 眼の「能力」を向上させてくれる
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコンなどのデジタル機器の光源である「発光ダイオード(LED)」に含まれるブルーライトを吸収し、フィルターとして機能してくれることで眼を守ってくれる
  • ブルーライトから眼だけではなく、肌を守ってくれる
  • アメリカでは失明原因の1位、日本でも視覚障害の原因の4位となっている加齢黄斑変性症の予防、改善に役立つ
  • 肌の皮膚資質酸化を抑制し表層脂質量を増加させるなどして、その抗酸化作用により肌を保護し、肌の潤いと弾力を保ち、その上、肌の老化による乾燥、シミ、たるみから肌を守ってくれる
  • 脳の機能を向上させてくれる

このルテインの力は全てが解明されているわけではありませんが今、ルテインが注目されている大きな理由は飛蚊症や緑内障、白内障、加齢黄斑変性、網膜剥離などの眼病を治療するプロフェッショナルである眼科医師もルテインを治療に積極的に活かしているからです。

 

私が「朝のルテイン&プラセンタ」を選んだ9つの理由

ルテインが目にいいことは分かりました。では、どんなサプリメントを選べばいいのでしょうか?

私は「ひとみの専門店」が販売している「朝のルテイン&プラセンタ」をお勧めしています。

私が「朝のルテイン&プラセンタ」をあなたにお勧めする理由は9つあります。

理由その1:利用者の満足度が高いから

私がサプリメントを選ぶ時は何よりも「信頼」と「実績」を大切にしています。

なぜなら、どんなに製品の製造者・販売者が商品のよさを一生懸命にアピールしても、それが実際にどのように評価されているかを見れば、その商品の良し悪しは一目瞭然だからです。

その点から見て「朝のルテイン&プラセンタ」は、他の商品に比べて圧倒的に評価が高いので、安心して試すことができました。

  • 「50代以上の人が選ぶルテインサプリ」第1位
  • 「目の症状で悩んでいる人が選ぶサプリメント」第1位
  • 「 目のサプリ クチコミ評価 」第1位

※ ゼネラルリサーチ株式会社「ルテインサプリに関するイメージ調査」全国の50代以上の男女に行った、インターネット調査(2018年10月調べ)

 

理由その2:眼科の医師もお勧めしているサプリメントだから

「朝のルテイン&プラセンタ」は眼科の医師も治療に活かし、お勧めしているサプリメントです。

事実、日本ではまだまだですが、アメリカの眼科医の84%が治療と一緒にルテインを勧めているそうです。

なぜ、治療と一緒にルテインを勧めるのでしょうか?

治療するにしても、栄養素が足りていなければ始まらないからです。栄養が足りていないと言うことは細胞も元気に働けません。

あなたも、食事を何日もとらなければ、元気がなくなるでしょう。

そんな状態の時に治療するのと、食事をしっかりとって栄養満点の時に治療するのとでは回復するスピ—ドや結果が違うと思いませんか?

ルテインという栄養素が不足している場合がほとんどで、さらにその成分が目にとって、とても大切な栄養素であることがわかっていたらなおさらです。

さすが医療先進国アメリカです。

プロのお医者さんも勧めていることがわかったので、安心して試すことができました。

<参考情報>

 

理由その3:芸能人も愛用しているサプリメントだから

「朝のルテイン&プラセンタ」は眼病に悩む多くの芸能人も愛用されています。

テレビによく出ていた大桃美代子さんも「朝のルテイン&プラセンタ」の愛用者だと聞いてびっくりしましたが彼女の話を聞いて、とても勇気づけられました。

<参考情報>

 ひとみプラス 
ひとみプラス
https://hitomi-plus.com/talk-with-miyoko-oomomo/
ルテイン&プラセンタで「ひとみ」から輝く人生を応援します。

 

理由その4:業界トップクラスのルテイン40mg配合だから

ルテインの推奨量は、予防としては1日当たり6mg~10mgとされ、さらに良くしたり、積極的に予防するのであれば1日当たり20mgと多めに摂取することが必要とされています。

そして、この「朝のルテイン&プラセンタ」に含まれているルテイン量は1日分で40mgもあるので、あらゆることをカバーできる十分な量のルテインを摂取することができます(ルテインの量が少ない安いサプリメントを買っても、焼け石に水のようなもので、効果が出なければ何の意味もないですよね?)

<参考情報>

 

理由その5:次世代栄養素ゼアキサンチン2,4mgも含まれているから

40歳を過ぎると不足するゼアキサンチン2.4mgもしっかりと配合されています。そして、ゼアキサンチンの重要度はルテインと同等です。なぜなら、ゼアキサンチンが不足すると視力低下に大きく結びついてしまうと言っても過言ではないからです。

「朝のルテイン&プラセンタ」はルテイン40mg」、「ゼアキサンチン2.4mg」が入った最高レベルの栄養素が入ったサプリメントなのです。

<参考情報>

 

理由その6:体内に吸収されやすい水溶性ルテインだから

「朝のルテイン&プラセンタ」 はケミン社の特許製法で作られた最高級フリー体ルテインを使用しています。

この製法によって作られたルテインは人間の体内に存在するルテインと同じルテインであり、また、水溶性ルテインなので体内になじみやすく、高品質な栄養を素早く吸収することができます。

<参考情報>

 

理由その7:プラセンタエキス6,000mgも含まれているから

東洋では古来より「目と肝臓はつながっている」と言われています。

実際に肝の働きが悪い人は目が黄色くなることもあります。

だから、目をいたわるためにも肝臓も一緒にいたわることが重要です。

「朝のルテイン&プラセンタ」 には、デンマーク産の豚由来プラセンタも配合されています。

このことにより、ルテインのパワーを最高に引き出すだけでなく、内面から輝く美しさを手に入れることができるようになります(もう高級化粧水に頼らなくても大丈夫です)

<参考情報>

 

理由その8:ルテインで国内初のゼリータイプだから

どんなにいいサプリメントでも、それを毎日摂取しなければ、効果は出ませんよね?

「朝のルテイン&プラセンタ」 は国内初のゼリータイプで、みんな大好きなマンゴー味なので、思わずたくさん食べたくなるほど美味しくて、続けやすいのがうれしいですね。

サプリメントを摂取するのにお水は不要(カプセルタイプのサプリメントが苦手だった私でも大丈夫)。

ツルッと手軽に食べられて、どこへでも持ち運びすることができます。

 

理由その9:知識豊富な職員が丁寧に対応してくれるから

私が「朝のルテイン&プラセンタ」 を気に入っているのは、それを売っている人の顔がよく見えることにあります。

業界10年以上の職員さんに電話やメールで色々質問することができます。サプリメント以外の知識も豊富なので、いつも頼りにしています。

<参考情報>

以上、私が「朝のルテイン&プラセンタ」 を選んだ8つの理由を紹介してきました。

理由その1:利用者の満足度が高いから

理由その2:眼科の医師もお勧めしているサプリメントだから

理由その3:芸能人も愛用しているサプリメントだから

理由その4:業界トップクラスのルテイン40mg配合だから

理由その5:次世代栄養素ゼアキサンチン2,4mgも含まれているから

理由その6:体内に吸収されやすい水溶性ルテインだから

理由その7:プラセンタエキス6,000mgも含まれているから

理由その8:ルテインで国内初のゼリータイプだから

理由その9:知識豊富な職員が丁寧に対応してくれるから

さて、悩まされていた私の目の症状はどうなったのでしょうか?

なんと目の前を蚊が飛ぶような不快な感じは「朝のルテイン&プラセンタ」 を飲み続けて3ヶ月目ぐらいから消え去り、はじめに「薬はない」「治療法はない」と言った専門のお医者さんは「信じられない」とただただ驚いていました。

あの時、諦めずに情報を探してルテイン、そして「朝のルテイン&プラセンタ」 に出会えて本当に良かったです。

 

「朝のルテイン&プラセンタ」の価格は高い?安い?

では、私が選んだ「朝のルテイン&プラセンタ」の価格はいくらなのでしょうか?

定価9, 800円、定期7, 840円(最安値6,860円)です。

他に安い商品がある中で私も最初は高いと思いました。

でも、その効果の高さと続ける楽しさを考えたら、私にとっては決して高い値段ではありません。

むしろ、安いサプリメントを買っても全然効果がなかったり、続けることができなければ全く意味ないですよね?

嬉しかったのは、「朝のルテイン&プラセンタ」を食べ続けていたら目の症状が改善するだけでなく、肌もツヤツヤになってきたことです。

これまで肌のケアのために使っていた高い化粧水は必要なくなったので、今では「朝のルテイン&プラセンタ」がお肌の化粧水の代替法になっています。

 

「朝のルテイン&プラセンタ」がワンコイン(500円)でお試しできます。

さて、これまで私が「朝のルテイン&プラセンタ」を選んだ理由とその効果についてお話してきましたが、私にピッタリだったからといって、あなたにピッタリだとは限りません。

そこで、今なら「朝のルテイン&プラセンタ」をワンコイン(500円)で試すことができますのでぜひ、試してみてください。

もし、「朝のルテイン&プラセンタ」があなたに合わなかったとしても、500円という最低限の金額だったらお試しできますよね?

実は私も色々な健康食品を試していたので、どんなにいいことを言われても「宣伝文句は信じないぞ」と警戒していました。

でも、500円で私の目の症状が改善するならと思い、試してみたところ大正解でした(疑いで可能性を潰さなくてよかった)

ぜひ、あなたも試してみることをお勧めします。

↓↓↓

 

追伸

効果があるかないかもありますが「朝のルテイン&プラセンタ」はサプリメントなのにスイーツかと思うくらいに美味しいので、その味を試すだけでも500円モニターに参加する価値はあると思います。

↓↓↓