加齢黄斑変性症(AMD)になっても諦めてはいけません。ルテインがあります!

0
49 ビュー

人間、年齢を重ねて行くとどうしても色々な病気になりやすくなります。

例えば、白内障緑内障なども目の老化によって起こる病気ですが、もっと怖い眼の病気があります。

それは加齢黄斑変性(AMD)です。

なぜ、怖いかというと加齢黄斑変性(AMD)は、重い視力低下をもたらし、失明にもつながる可能性のある病気だからです。

加齢黄斑変性(AMD)とは何か?

加齢黄斑変性(AMD)とは、この動画で紹介されているように、視界の真ん中が歪んで見えたり、暗く見えたり、放っておくと失明にも至る怖い病気です。

今、加齢黄斑変性(AMD)の患者が増えている

アメリカではなんと今、この加齢黄斑変性(AMD)が失明原因の1位となっており、約1,400万人以上の人がこの加齢黄斑変性(AMD)で苦しんでいると言われています。

また、この日本では50歳以上の70万人に加齢黄斑変性(AMD)の恐れがあると言われていて、失明原因の第4位になっています。

加齢黄斑変性(AMD)の初期症状とは?

加齢黄斑変性(AMD)の初期症状としては、下記のような症状があります。

  • 止まっているものが時々、動いて見える
  • ものが波打って見える
  • ものが歪んで見える

そして、そのような初期症状の後、数ヶ月あるいは数年の間に病状が進行してしまうと、下記の画像のように「見ている中心に暗点」や「ぼやけた部分」が現れるようになってきます。

加齢黄斑変性(AMD)にはゆっくりと視力が低下していくもの(萎縮型)と、数週間〜数ヶ月のうちに急激に視力低下が進み、最悪の場合、失明に至るもの(滲出型)と2つのタイプに分類されます。

加齢黄斑変性(AMD)の原因とは?

加齢黄斑変性(AMD)になってしまう原因は加齢、喫煙、ブルーライト、遺伝などと言われていますが、残念ながら今のところ、はっきりとした治療方法が確立されていないのが実情です。

加齢黄斑変性(AMD)とルテイン

でも、安心してください。

医者がお手上げだった目の病気の次世代栄養素―ルテインとゼアキサンチン(著者:葉山 隆一)によると、葉山眼科クリニックに来た黄斑変性症の患者さんの中から、臨床試験に参加してもよいと了解を得られた300人の方に、ルテインのサプリメントを約3ヶ月間にわたり服用したところ、なんと299人の視力が上がったという臨床データが得られたというのです。

加齢黄斑変性(AMD)は、はっきりとした治療法が確立していない難病ですが、葉山眼科クリニック院長の葉山隆一医師のように、ルテインを治療に取り入れることによって、治療を成功させている事例も存在するのです。

専門知識を経験を持つ眼科医師に相談しながら、諦めずに治療していきましょう。

最高レベルの配合量ルテイン40mgの「朝のルテイン&プラセンタ」のお試しはこちら

↓↓↓

大事なことは毎日、コツコツと続けることです。

勉強でもスポーツでも同じですが、続けることで、私たちは本当に得たいものを得ることができるのです。