野菜や果物の中に眠っていたカロテロイドの宝物「ルテイン」発見物語

0
36 ビュー

私の名前はフレデリック・カチック(Frederick Khachik.Ph.D.)です。ケミン ヒューマンニュートリションアンドヘルスの主任研究員をしています。

1983年頃、私はアメリカ農務省に勤務していました。その時の私の仕事はアメリカ国立がん研究所(NCI)の助成研究の一部として、アメリカで最も消費されている野菜と果物の分析をすることでした。

カロテノイドの発見

私はこの研究を行うことによって野菜や果物の中にはα-カロテン、β-カロテン以外に、天然色素のカロテノイドという化合物が約40種類含まれていることがわかったのです。

ルテインの発見

ルテインはこのカロテノイドの一種で、野菜や果物に豊富に含まれていて、ヒトの血液、母乳、臓器や組織にも蓄積しているものです。

このルテインは、ヒトの体では特に、眼底の網膜の中心部の黄斑部(おうはんぶ)に多く存在する色素です。

ルテインの「初めての人体実験」は私自身に対してでした

私はこのルテインの研究を続けました。そして、1992年に私自身と私の同僚2名で「ルテインを用いた初のヒトへの補助栄養試験」を実施したのです。

その結果、私はルテインが抗酸化物として機能するということを裏付ける科学的データを手に入れることに成功したのです。

科学的な実験から見えてきたルテインの「驚くべきパワー」とは?

私はルテインに関する研究を何度も重ねることによって、ルテインが様々なカタチで、人間の健康に役立つ驚くべきパワーを秘めた色素であることが分かってきたのです。

ルテインは具体的に、どのように役立つのか?

では、具体的に、ルテインは私たち人間の健康にどのように役立つことが分かったのでしょうか?

たくさんありますので、以下にリストアップしたいと思います。

  • ルテインは、欧米では40歳以上の大人の失明原因の第1位となっている加齢黄斑変性(AMD)などの眼の疾患リスクを抑えることが明らかになった
  • ルテインは、紫外線を含む強い太陽光やパソコンやスマホから発せられるブルーライトから眼を保護する機能があることが明らかになった
  • ルテインは、健康な眼と視覚機能を高める効果を持っていることが明らかになった
  • ルテインは、強い抗酸化作用があり、肌の毎日の機能を助けて、日光による老化から肌を守るということが明らかになった
  • ルテインは、日光だけでなく、人体に有害な高エネルギーの可視光線であるブルーライトを吸収するフィルターの役割を果たして、肌を守ることが明らかになった
  • ルテインとDHAを両方接種することで、眼の抗酸化機能と脳の記憶機能が改善するということが明らかになった(2009年、タフツ大学のJohnson博士の研究)

つまり、まとめると、ルテインは加齢黄斑変性(AMD)の眼の疾患リスクを抑え、眼の機能を高めてくれて、紫外線やブルーライトから眼を守ってくれて、そして、眼だけではなく肌も守ってくれて、その上、脳の記憶機能も高めてくれる驚くべき色素なのです。

英語のページになりますが、私がインタビューを受けた動画がありますので、ご覧ください。

↓↓↓

このルテインの力を「実用的な製品」へと応用しました

そして、私は1992年にインド産「マリーゴールド」というキク科の植物からルテインを分離・精製するプロ説を開発し、1995年にはこの技術で特許を取得しました。

この「マリーゴールド」から精製するルテイン(FloraGLO®ルテイン)は非常に高純度のルテインで、人間の体に存在するルテインと同一のものになります。

そして、有難いことにこの「FloraGLO®ルテイン」は米国で初めて、食品・飲料への使用を認められたルテイン製品となり、今では世界中の研究者や食品・飲料メーカーから絶大な信頼を得るまでになりました。

追伸

この驚くべき「ルテインのパワー」をあなたも手に入れたいと思いませんか?

簡単に手に入れる方法があります。

ひとみの専門店の「朝のルテイン&プラセンタ」は、この「FloraGLO®ルテイン」を使っていて、医療従事者が選んだ目のサプリ第1位に選ばれ、これまで販売累計100万本を突破している目のサプリメントです。

詳しくは、こちらをチェックしてみてください。

↓↓↓